SくんのMinecraft ~すぐパクれる建築提案~

これなら作れる!と思っていただきつついい建築案をあなたに

森の中にポツンと佇むカフェの作り方

こんにちは。

 

Sくんです。

 

数日前に和風建築として

「茶屋」をご紹介しましたが

 

skun-games.hatenablog.com

 

今回はそれの洋風建築で

「和カフェ」のようなイメージのもと

つくります。

 

イクラ内で喫茶店やカフェを作る方

結構多いと思いますので

屋根や店舗外装の参考にしていただけると

嬉しいです。

※筆者はクリエイティブにて建築します

 

 

森の中にポツンと佇むカフェの作り方

 

完成図はこちらです。

f:id:skun-games:20200125174606j:image

一階建てにして

玄関周りとウッドデッキの屋根に

少し趣向を凝らしています。

それでは作り方です。

 

 

建築素材

f:id:skun-games:20200125174722j:image

ダークオーク系のブロックが中心ですが

今回種類は多いです。

ですが入手難度はそれほど高くないと思います。

 

建築範囲

f:id:skun-games:20200125174739j:image

基本は幅21×奥行き13ブロックのなっており

そこから手前の1ブロックいる部分が玄関です。

 

土台

f:id:skun-games:20200125174759j:image

建屋の土台はレンガで

幅は玄関部分

奥行きは6ブロック目で折り曲げて

ウッドデッキは階段ブロックを逆さ置きにして

縁取りします。

 

f:id:skun-games:20200125174816j:image

柱は皮を剥いだ松の原木で

画像の通り建てていきます。

細かいマス目は外観でご確認ください。

 

f:id:skun-games:20200125174835j:image

壁はダークオークの板材ですね。

ここまで見るとだいぶ暗い建築に

見えてしまいますが

装飾で変えていきますので

問題ないです。

 

屋根

f:id:skun-games:20200125174901j:image

屋根は石レンガを使い

トンガリ屋根と通常の三角屋根を混ぜています。

玄関から奥行き方向の屋根は

石レンガのブロックと階段を使って

急な傾斜をつけ

そこから幅方向には通常の三角屋根です。

f:id:skun-games:20200125174921j:image

屋根幅が広いので

洋風建築っぽいドーマーを設けました。

1ブロック空いている部分には

後程ガラスをつけます。

 

外観

f:id:skun-games:20200125175023j:image

玄関はレンガブロックを伸ばして

階段を取り付けてエントランスを作り

ダークオークのドアを取り付け

簡単に屋根をつけています。

ウッドデッキにはレンガの壁をつけ

ここからも出入りできるように

階段もつけました。

あとは窓と店舗からの行き来のため

中央部にアーチを作っています。

f:id:skun-games:20200125175039j:image

ウッドデッキの屋根は絨毯を使いますが

画像のように蜘蛛の糸を使うことで

浮かせることができます。

和カフェというイメージと

場所が屋根状の森なので

色は緑と茶にしました。

f:id:skun-games:20200125175055j:image

ウッドデッキに物を置いて装飾し

建屋にも窓と植え込みを作っています。

植え込みの下には光源を埋め込んでいます。

f:id:skun-games:20200125175110j:image

背面は中央を出窓にして

その両脇の窓は

葉ブロックで装飾しました。

玄関側の窓はシンプルに

トラップドアで装飾しています。

f:id:skun-games:20200125175125j:image

玄関側側面はこんな感じです。

石レンガの階段とハーフブロックで窓枠を作り

そこに葉ブロックと

光源をトラップドアで囲った照明で装飾しました。

玄関脇は背面と同じ

トラップドアで装飾したシンプル窓ですね。

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

 

店舗内装はお好みですが

内装はフローリングがオススメですね。

f:id:skun-games:20200125181152j:image

建物が暗い分

椅子やテーブルなどは

明るい物を使うのもありです。

 

飲食店用の内装は

それだけで一つの記事にしてもいいかもですね。

構想練っておきます。

 

 

良ければ試しに造ってみてくださいね。

 

 

それでは次の建築をお楽しみに。

ご要望があればコメントもお待ちしております。