SくんのMinecraft ~すぐパクれる建築提案~

これなら作れる!と思っていただきつついい建築案をあなたに

サトウキビ自動回収装置の作り方 簡単設計から完全自動回収までご紹介します

こんにちは。

 

Sくんです。

 

交易や地図づくりのために

紙がいっぱいほしいけど

わざわざサトウキビを育てて

刈り取るのが面倒…。

 

こんな悩みを解決します。

 

 

サトウキビ自動回収装置の作り方

 

今回は2パターンご紹介していきます。

 

 

サトウキビ

f:id:skun-games:20200606133306j:image

まず簡単にサトウキビについてですが

土や砂に植えて育てることのできる

植物ブロックで高さはMAX4マスまで成長します。

最下段を残して採取することで

そのまま成長を続けてくれるので

都度植える必要がなく

手間の少ない作物ですね。

 

水流回収式

f:id:skun-games:20200606133034j:image

もっともシンプルな回収装置です。

サトウキビが高さ3マスになったら

自動で作動し

水流でホッパー→チェストへ入っていく

仕組みになっています。

作り方です。

 

材料

f:id:skun-games:20200606133547j:image

材料はシンプルですが

「装置」が必要になるため

ゲームがある程度進んでいる方向けですね。

 

装置

f:id:skun-games:20200606133241j:image

まずはチェストにホッパーを接続します。

f:id:skun-games:20200606133810j:image

そこに段違いに砂を設置し

周りをなめらかな石で囲っています。

窪みには落としたサトウキビを

ホッパーまで運ぶために水を流しますが

水の流れる長さは8マスなので

砂地の幅も同じく8マスにしています。

f:id:skun-games:20200606134054j:image

上段の砂地には

サトウキビを植えていきますが

先に装置を作ります。

材料が豊富な方は

画像のように大量のオブザーバー(観察者)を

並べてもいいですが

f:id:skun-games:20200606134220j:image

さすがにもったいないので

こちらがオススメです。

オブザーバーは目の前にブロックが来ると

反応して信号を出すので

それをすべてのピストンに伝えていくことで

2マス以上のサトウキビを押し出し

下に落とします。

f:id:skun-games:20200606134355j:image

あとはブロックで囲って

サトウキビを植えれば完成です。

 

問題点

f:id:skun-games:20200606134424j:image

しかしこの方法には課題もあります。

ピストンで押し出したとしても

すべてが水流に落ちるわけではなく

画像のように

一部砂地に落ちてしまい

回収ができずに効率が落ちてしまいます。

これを解決する構造を

以下でご紹介します。

 

ホッパー付トロッコ回収式

f:id:skun-games:20200606134736j:image

先ほどよりもトロッコが走る分

高さが増していてスペースはとりますが

効率は上がる装置になっています。

作り方です。

 

材料

f:id:skun-games:20200606134923j:image

先ほどの装置に加えて

レール・パワードレールのほか

ホッパー付トロッコ

レッドストーントーチとレッドストーンリピーター

これらを使います。

 

装置

f:id:skun-games:20200606135113j:image

水流式と同様に

ホッパーとチェストを置いたあと

ホッパーの上にパワードレールを設置し

その上にホッパー付きトロッコを置きます。

そこからレールを7ブロック伸ばして

先端にもうひとつパワーレールを置きます。

f:id:skun-games:20200606135326j:image

先端のパワードレールは

下にレッドストーントーチを仕込むなどして

常に動いている状態にしておきます。

f:id:skun-games:20200606133540j:image

レールの上には

サトウキビを植えるための砂を置いていきます。

f:id:skun-games:20200606135521j:image

サトウキビを育てるのに水が必要なので

砂岩に隣接する列に囲いをつけて

水を流します。

f:id:skun-games:20200606135728j:image

あとは水流式と同じく

ピストンを使った装置を置いていきます。

しかしこのままではトロッコが走らず

下に落ちたサトウキビの回収ができません。

画像のようにトロッコの前にボタンをつけて

稼働させることもできますが

これではサトウキビが落ちたときに

いちいちボタンを押さなければなりません。

f:id:skun-games:20200606135949j:image

それを解決するために

上のオブザーバーが検知した信号を

ロッコまで伸ばします。

f:id:skun-games:20200606140051j:image

そのままレッドストーンパウダーを伸ばすだけでは

信号が途切れたり

信号が一瞬しか届かず

ロッコが動かなかったりするので

画像のようにリピーターを間にはさみ

信号を一番遅くするよう

目盛りを合わせます。

f:id:skun-games:20200606140231j:image

上からの信号を下に送る回路は

この通りです。

注意点としては

ロッコの手前に置くリピーターは

ロッコよりも1マス分高い位置に来るように

設置してください。

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

 

できるだけスマートな形を紹介したかったので

今回はこの2パターンのみとしましたが

巨大なスペースを使うことで

一度に大量のサトウキビ回収ができる

装置もあります。

 

 

良ければ試しに造ってみてくださいね。

 

 

それでは次の建築をお楽しみに。

ご要望があればコメントもお待ちしております。